SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

日々徒然

<< 灯籠 | main | パソコンが >>
初夏あたりから
0
     庭にスズメバチが一匹やってきます。
    あんまり大きくないけどたぶんキイロスズメバチだと思うんだぜ。
    スズメバチの運動量はものすごいので、きっと巣は遠くにあるからまあいっかー。とか思って時々遠巻きに観察しつつ知らぬふり。
    どうやら狩場認定されたらしく、毎日来ては芋虫等を狩っている模様です。
    まあ我が家の庭は動植物に満ち溢れているからね!
    と思ってたら、先日ふと気付いたんだけど、ヤツはなんとうちの古びた藤棚を
    かじりとっています。

    すでに一本の柱の角が二十五センチくらい縦にかじりとられている。
    巣材にするんだよねそうだよね。うちの藤棚は腐った樹として認定されたわけだ。
    柱にしがみついて何してんのかなーとよくよく見たらそこら一帯がすべてかじりとられた後だったことに気づいてマジでびっくりした。
    スズメバチの大あごってすげえな!

    ところでスズメバチがいかにすごいかということについては「風の中のマリア」って本を読んでみるといいと思います。
    こちらは私が知る限り日本で初めて(?)のスズメバチの働き蜂が主人公の小説です。働き蜂なので当然メスです。
    スズメバチすげえ!と本気で思う。
    なにがすごいって、ウロおぼえだけど確か取り込んだ栄養を糖に分解せずそのままエネルギーとして使うことが出来るとか。人間と違って糖に分解する際に出る乳酸が出来ないんでまったく疲労を感じないそうでございます。
    色々すごい。
    けどそんなスズメバチに対抗できる手段を編み出したニホンミツバチもすごいでございます。
    ぜひ必読、百田尚樹作「風の中のマリア」。
    まあ主人公がハチって事以外に特にお勧めポイントはないんですが。
    昆虫嫌いにはまったく縁のない話だった。


    こんなハチ語りの後で書くのもほんとどーかと思いますが。
    拍手お礼!
    いつもぽちぽち拍手をありがとうございます!
    励みにしております!

    9/6にメッセージ下さった小林様。
    銀魂読んでくださってありがとうございましたー!
    銀さんと桂さんの二人は、私も攘夷時代が一番の萌えでございます。色々妄想しますよね!萩時代も捨てがたいですが。
    銀魂はしばらく書いておりません。元々メインはオリジナルJUNEでして、その時々に萌えたものにちょいちょい手を出す、というよろずな形で活動しています。
    また大規模なオンリーがあったり、銀魂の萌えがやってきたら書くかもしれない…という感じの曖昧なお答えで申し訳ありません…。
    ご感想ありがとうございました!

    | - | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.yukineko.net/trackback/1172410
    トラックバック