SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

日々徒然

<< J庭終了! | main | 突発的な諸々 >>
春コミ
0
     春コミはタイバニ、兎虎にて参加でございます。
    すっかりうつつを抜かしている。久々に大枚を書いて楽しいけど死にそうです。

    スペース 東3 ラ43a「雨の日の猫」

    朝一は間違いなく不在です。原稿書くのに思い切り吐きだしたから萌えの補充がしたい。ぶっちゃけ本がほしい。

    ご連絡いただければその他のジャンルも持ち込みいたしますー。
    なんてこんなぎりぎりになって書いてどうするのだ…。
    タイバニでは過去にねこさんのこのジャンル読んでましたよってお方に連続して五名ぐらい出くわしのけぞったりビビったりありがたくももったいなくもタイバニの懐の深さに衝撃を受けました。
    すげえなタイバニ。ていうか兎虎?

    ところで久々に長い話を書いてはたと思ったのですが、自分は長編が本領発揮の領分だなーとばっかり信じていたんですけれども、私って、長編小説書きじゃないんじゃ。
    ていうか長編小説ってそもそもどの辺から長編なの。
    まあページ数より行数とか文字数とかに寄ると思うのですけれどもね。
    文字間と行間におそろしいこだわりがあって常にこれが読みやすいベスト!と思ってたりするんですけれども、つめようと思えばもっと詰めれるわけで、ページ数はあんまりあてにならないよね。
    でもページに詰めすぎるのも空きすぎるのもとたんに読む気をなくすんだけれどもふつうはそうじゃないのかしら。
    今回長い話を書いた!と思ったらそんだけ長い話を実はいままで4,5回程度しか書いていなくて、大体標準80〜100、行って120だなーと思ってそれって別に長編じゃないんじゃないのーと思ったのですよ。
    違うのかな。どうなのかな。身内に鬼のような長編書きがいらっさるから感覚がマヒしているのか…???
    まあなんにしろどんな話にもちょうどいい長さ、ってものがあると思います。
    その物語が収まるのによいバランス、という。
    そういうものが書きたいと思いつつついつい冗長になりがちな気がして常に読み返しては戒めています。まあ〆切間際にはそんな余裕ないんだけれどもね!
    野放しな本をまた作ってしまった。肝心な場所に誤字だけはないことを祈っている…。
    | - | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.yukineko.net/trackback/1172450
    トラックバック